「BCB1日入門セミナー」を受講

 2月7日、チーム医療主催の「BCB1日入門セミナー」を受講した。
 講師は、梅本和比己先生。

 私は既にBCBファシリテーターの資格をもっているので、今回は復習のつもりで出席したのだが、どうしてどうして、新しいワークも準備されていて、またまた大きな気づきを得た1日だった。

 交差交流のロールプレイング実習では、「あなたは、私たちより仕事が大切なんでしょ!」―にどう応答するかにチャレンジしたが、相手役の女性の厳しい追及に、セオリーどおりに「お前をこんなに愛しているのに、こんなこことを言われてショックだよ」とNCで応答したら、追及のトーンが大きくダウンした。
 彼女もトーンダウンを感じたらしい。
 うまくいったことはうまくいったのだが、普段言ったこともないセリフ―「お前をこんなに愛しているのに…」と言ったのを梅本先生に聞かれてしまい、冷や汗をかいてしまった。
 今回初めてBCBを受ける方もいて、「そう思っているんだ」と共感してみたり、Aで返してみたり、はては自分がRCになってしまたりして―相手役はますますエスカレートするばかりで、匙を投げそうになっているグループも見られた。
BCBの醍醐味を改めて味わった。

 「あなたの宝物」のワークでは、思っていることと、実際にやっていることの違いに驚くとともに、改めて自分の価値観に気 づき、普段意識していない本心をかいま見た気がした。

 今回、自分なりに「世の中にあるコミュニケーションのテクニックとBCBとの差異」を確かめることを一つの目的にセミナーに臨んだのだが、梅本先生の丁寧な―というよりBCBを知り尽くした説明により、自分なりの解を見出せた気もした。
 企業内展開のめどがついたことも、今回の大きな成果だった。
 一緒にワークをしていただき、大きな気づきの手助けしていただいた受講者の皆さまにも感謝いたします。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「BCB1日入門セミナー」を受講

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://norio.bcb.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/373

コメントする

新井 典生

《プロフィール》
高校1年生のときに自宅で塾を開きました。中学生を対象に大学4年生まで7年間、塾を続けました。
40年間の会社生活では、企業法務・人事・メンタルヘルスを経験しました。
この間、心理カウンセリングと易学を学びました。
そして、40年の会社生活の最後の最後に、人材育成インストラクターに戻りました。
1.人材育成インストラクター
2.心理カウンセラー(再決断療法)
3.占断応需(周易、奇門遁甲)

《資 格》
BCBファシリテーター
産業カウンセラー、THP心理相談員、衛生管理者
思考場療法(TFT)上級セラピスト、再決断療法カウンセラー
大阪商工会議所メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種
易学、奇門遁甲

《所属団体》
日本産業カウンセラー協会
日本自律訓練学会
日本プロフェッショナル講師フォーラム。

カテゴリ

BCBブログメンバー一覧は、 http://www.bcb.jp/facili/bloglist-main.htmlへ。

最近のコメント

2011年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サインイン